前へ
次へ

インプラントの施術の特色

インプラントについては歯を失くしてしまった時、人工歯を装着する手法です。きっちりしたチタンネジの人工歯根によってサポートされたインプラントの咀嚼力は天然歯とあまり遜色ないといえるでしょう。さらに、メンテナンスに取り組むことで、一生涯永く使うことができるほどの強靭性があるといえます。 歯を失くしてしまった時、インプラントの他には入れ歯とブリッジがあります。ブリッジについては失くしてしまった歯の両側の歯の間にその名が示す通りブリッジのように人工歯をセッティングするケアですが、健康的な歯を削る必要があります。その上、入れ歯に対して抵抗感を持つ人はよく見られます。しかしながら、インプラントについては健康保険が適用されないことから、コストはほかのケアと比べますと高くなります。その上、装着するまで数ヵ月か求められます。ただし、ここへ来て治療技術の革新で抜歯した後すぐ取り入れる治療も実施されるようになっています。

Page Top