前へ
次へ

数が多いときのインプラントの方法

失ってしまった歯の本数が多いときにインプラントをしてもらおうとするとかなり費用が高額になってしまい、諦めてしまうケースも多いのは確かです。通常は一本あたりいくらという形で料金が決められているので、10本も治療してもらいたいという場合には10倍もの費用がかかってしまいます。ただ、本数が多い人向けのインプラント技術もあり、価格的にも安くて体への負担も小さいので検討してみましょう。オールオンフォーと呼ばれる技術があり、上側あるいは下側だけで4本以上の歯を失っている場合には検討してみる価値があります。土台として埋め込むインプラントの数は4つだけで全部の歯をカバーできる技術で、全部義歯にしたいという場合でも対応することが可能です。基本的にはどのような位置関係であっても片側に4つの土台を作れれば問題なくできる方法なので、失ってしまった歯が多い場合にはインプラントの相談をするときに考慮に入れてみましょう。

Page Top