前へ
次へ

インプラント後は一生涯のケアが必要

インプラントと差し歯、似たり寄ったりの治療です。虫歯などによって歯を失った場合に、差し歯は歯根が残っていて金属土台で補い、上から人工歯を被せるのですが、インプラントは歯根を含めた全歯を失ったところに一から作るという違いがあります。医療従事者でなければ、あまり詳しく知る術は患者さんにはないでしょう。しかし、治療を自ら望むなら知る必要があります。高額となる素材や治療を受けても、長持ちさせるためのセルフケアは一生涯続きます。もちろん、歯科医院でのメンテナンスがありますから、その都度、正しいセルフケアのアドバイスを受けるので不安になることはありません。ですが実際に、他院でインプラント治療をしたもののセカンドオピニオンを受ける患者さんもいます。治療後に周囲から膿が出る・違和感が拭えないなどの主訴があるようですが、こうした主訴でポイントとなるのは、治療後には虫歯にならずとも歯周病予防はしなければならないということに尽きます。

Page Top